質の向上委員会  〜外来診療の質の向上を検討する委員会〜 委員会トップへ
   ホーム委員会質の向上委員会リーフレット検討会パンフレット作成委員会(旧称)を作る提言

  委員会の概要

  質の向上委員会・所属検討会
リーフレット検討会
  診療ガイドライン作成検討会
  EBM勉強会(診療ガイドライン作成検討会へ移行しました)
  園・学校保健勉強会
  オープンクリニック・ネットワーク
  電子カルテ検討会
  ホームケアガイド作成検討会
  小児在宅医療検討会
  医療保育ネットワーク

  現在行われているプロジェクト
  子どもの健康リーフレット
  ホームケアガイド作成検討会
  電子カルテ製作

  委員会プロダクト

  質の向上委員会構成および連絡先

   

パンフレット作成委員会(旧称)を作る提言

崎山 弘 (東京府中市)、山中龍宏 (横浜市)、橋本 剛太郎 (福井県武生市)

*注釈 2001年2月の機構再編でパンフレット作成検討会となり、質の向上委員会ノ属するようになりましたが、文章は当時のままにしていますので「委員会」を「検討会」とお読みください。


外来診療の質の向上を検討する委員会では、いままでに1年間に一つのテーマというペースで予防接種、乳幼児健診、気管支喘息、学校との関わりと境界領域についての問題集を作成してきました。いずれも出版、あるいは出版される予定となっており、一応の評価は受けていると思われます。
さて、平成11年7月4日の東京での外来診療の質の向上を検討する委員会終了後の昼食会で、次回のテーマを討論した際に山中がパンフレット作りを提案しました。外来診療の質の向上の手段として、問題集以外の方法に挑戦する意味でも大変面白い企画になると崎山も考えています。外来診療の質の向上を検討する委員会では、今回は問題集作成をお休みして、パンフレット作りに取り組んでみたいと思います。また、橋本が委員長を務めたホームケアガイド作成委員会が平成6年に出版した「お母さんに伝えたい子どもの病気ホームケアガイド」も、基本的には各医療機関で配付可能なパンフレットを1冊にまとめたものでしたが、病気のホームケア以外のテーマが不足しています。まだまだいくらでもパンフレットになるテーマはあります。
そこで、崎山、山中、橋本が提案します。外来診療の質の向上を検討する委員会とホームケアガイド作成委員会がいままでの力と知恵を出し合って、楽しくワイワイとパンフレツト作りをしてみましょう。
ただし、パンフレットと言っても、B5サイズ1枚程度の簡単なものではなく、アメリカ小児科学会が作成しているような小冊子クラスのパンフレットです。

なおこの、アメリカ小児科学会が発行しているパンフレットはインターネットを利用すれば日本からも簡単に購入できます。航空便を指定すれば、10日ほどで入手可能です。
アメリカ小児科学会 http://www.aap.org/aapstore/
上記の画面でAAP Publications Catalog からPatient Educationを選んで下さい。
ページの上部へ▲

関連ページ
リーフレット検討会開催記録のページへ  
パンフレット作成検討会のページへ
質の向上委員会へ
< 前のページへ戻る